犬のドッグフードにはさまざまな種類があります

お店にはたくさんのドッグフードが並んでいますが、どれを選べばよいか迷う人も多いのではないでしょうか。せっかく買ってきても、全く口にしようとしないこともありますから、それぞれの特徴を知っておくことが大事です。ドッグフードには、ドライ、セミモイスト、ウェットがあり、ドライは、含まれている水分量が10パーセント以下で、加熱発砲処理された固形の形状のものがほとんどとなっています。水分量が低いため、カビの発生率が低く、安全性に配慮しているのが特徴です。セミモイストは、水分量25~35パーセント程度で、しっとりさを保つために、湿潤調整剤を使用しているものもあります。ウェットは、水分量75パーセント程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、アルミトレーやレトルトパウチ、缶詰などに充填されています。

犬の目的に応じたフードの種類とは

一口にドッグフードといっても、目的に応じて種類があります。総合栄養食は、毎日の主要な食事として与える、ペットフードで、フードに表示されている成長段階での、健康を維持できるように、栄養バランスを調整しています。間食は、おやつやご褒美として与えるもので、さまざまな種類があります。その他の目的食は、カロリー補給や栄養の調整、食事療法などに用いられるものです。総合栄養食は、毎日の主要な食事として給与することを目的としたもので、ペットフードと水だけで指定された成長段階における健康を維持できるような、バランスのとれた製品です。間食は、原則として、1日あたりのエネルギー所要量の20パーセント以内に抑えることが求められています。その他の目的食は、総合栄養食にも間食にも該当市内、特定の栄養の調整、カロリーの補給を満たすものです。

犬に必要な栄養素とペットフード

安全なペットフードを選ぶためにはは、水やタンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルが必要です。水は、人と同じで、もっとも大切なもので、常に飲めるようにしておくことが大切です。タンパク質は、大事なエネルギー源で、犬の必須アミノ酸は12種類といわれています。そのため、ビタミンやミネラルなどもバランスよく摂取することが大切です。それぞれの飼い主によって、安全の考え方は違いますが、防腐剤や着色料、化学物質を使っていないものや、材料の仕入先がはっきりしている、人も食べられる材料を使っているなどをポイントに考えるとよいでしょう。一般的によく使用されているドライタイプは、フードの量が調整しやすく栄養素のコントロールが簡単、保存性がよく扱いやすいというメリットがありますが、封をあけてから長期間経つと、油脂が酸化してしまいますから、保存方法には注意しましょう。

※送料無料は、大型商品送料、クール便対象商品はキャンペーン対象外となります。" 犬・猫大好きなスタッフがセレクトした犬用品、猫用品を8,024点以上の品ぞろえ。[[\n]イフサイクルにあった犬用品・猫用品の充実 「うちの子の暮らしを、もっと快適にしてあげたい」愛犬・愛猫を想う飼い主様のお声をカタチに! ペピイではじめてご購入されるお客様は、お買い上げ金額に関わらず送料無料! ドッグフードなどの犬用品は【PEPPY】で探そう!